医者

顔のたるみを手軽に改善|自分に合った方法を見つけよう

  1. ホーム
  2. 化粧品では限界と感じたら

化粧品では限界と感じたら

ナース

美容整形で確実にキレイに

顔にたるみが出て来たと感じる人の多くは、おおむね40代にさしかかる頃のようですね。最初はなんとなく顔の印象が変わったという違和感から始まりますが、徐々にそれがたるみのせいだということが分かって来ます。特に頬の下がりや顎の下がりが目立ちますが、実際には頭皮から来ているたるみなので、よく見れば眉尻や目尻も落ちて来ているはず。若い頃に比べて穏やかな顔つきになるのは良いことかもしれませんが、フェイスラインのダブつきは一気に老け見えになるので、やはり放置はしていられませんよね。最初はまず化粧品でなんとかしようとしますが、高い美容液に変えても物理的な皮膚のたるみを完全に解消するのは、残念ながら難しいでしょう。そもそも化粧品は予防のために利用すべきもので、現状をキープするためには有効でも、現状を変化させるほどの力は持っていないのが現実です。そこで、自力では限界と感じた人の多くが、積極的に美容整形という手段を選択しているわけです。近年、美容整形がここまで人気になった理由は、やはりダウンタイムもなく手軽に受けられる施術の種類がとても多くなったからでしょう。メスは使わず注射のみによる施術は最たる例で、気になる部位に薬剤を注射するだけで見た目を若返らせることが出来るのは魅力ですよね。ただ、本当の意味で顔全体をリフトアップするなら、やはりメスを使って皮膚を切る手術が一番効果的です。顔のたるみを改善する決め手となるポイントは、額やこめかみなど頭部につながる部位と、頬や首などフェイスライン下部につながる部位にあります。それぞれを絶妙にリフトアップすることで、若々しく美しい顔立ちを取り戻すことが出来るでしょう。メスを使わないなら、ヒアルロン酸を注入することでヘコみを補い、たるみを見えなくする手段もあります。これは、頬の筋肉などが減ってフェイスラインにヘコみが出ていることが、垂れ下がった印象を与えている場合にとても有効。厳密に言えばリフトアップではありませんが、ふっくらとすることで一気に若々しい見た目に変わるのは魅力ですよね。他には、レーザーを照射することでコラーゲンの生成を促進し、肌の土台からハリを取り戻す施術もとても人気があります。レーザーと一言で言ってもいろいろな種類があり、皮膚のすぐ下を引き締めるもの、肌の奥を引き締めるもの、表情筋の筋膜を引き締めるものなどがあります。こちらもメスは使わないので心理的にハードルが低く、数回通う必要がありますがスキンケアにもなるので選ぶ人の多い施術です。リフトアップ効果も期待出来ますが、よりハリを取り戻したい場合にはとても有効な手段でしょう。本当の意味でリフトアップを図るなら、メスを入れる手段が一番ですが、ほんの少しだけ切って糸を入れて引き上げる方法もあります。効果が2〜3年続くので人気が高い手法ですが、他には糸を数十本入れて肌にボリュームを出す手法もあります。一番大掛かりな手術は皮膚を切って取り除き、その名の通りたるみを引き上げる手術です。引き上げたい部位によって切る部位が変わりますが、劇的に顔の印象が変わり、効果も半永久的なので人気があります。